FC2ブログ
競馬に萌える獣医師のブログ
動物診療の傍ら、馬券検討に驀進中。ほぼ自分のための馬券検討備忘録。と、最近FXも。そしてさらにスロットにも手を出し始めた・・・

プロフィール

獣医さん

Author:獣医さん
ギャンブル獣医ですw



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



FC2カウンター



最近のコメント



月別アーカイブ



ゴリラ

動物ネタではなくてナビゲーションシステムのGORILLAです。
手に入ったので、適当に車につないでみた。ナビいらずの地理感覚が自慢の私でしたが、地図の詳しさと案内の的確さに恐れ入りました。すごい便利すね。
素人の配線なんで車内がコードだらけな状態になってるのがカッコ悪い。
スポンサーサイト



FC2ブログランキング


天皇賞

天皇賞ですね。
そう言えば、昭和の頃は天皇誕生日だった4月29日にやってた。今回のメンバーはディープがいなくなったせいか、それ程すごいメンバーに見えないですね(笑)  昨年のディープこそ人気だったけど、このところ春天は荒れ気味。こんなメンバーなら何でもありなような気もする。オッズも迷い気味。ファストタテヤマからでも買っておこうかな。ユメノシルシがちと気になる。

FC2ブログランキング


ブルセラ病

大阪で119匹がブルセラ病の感染が原因で殺処分された・・・悲しい現実ですね。繁殖業者の質の向上が必要です。
結局のところ、ペットブーム→ワンちゃん=かわいい→売れる→どんどん繁殖する、という儲け主義の経済社会に巻き込まれてしまった犬達がかわいそう。

多摩センターの動物病院の話も信じられないですし、このようなペットが犠牲になるニュースが最近度々あって驚くばかりです。

業界全体の質的な向上をしていきたいです。
私はドッグフードからです。

FC2ブログランキング


アメリカ出張 Part7

アメリカ時間2006年3月24日の夜。

今日も昨晩ご一緒させて頂いたエージェント(H氏)の方と食事。H氏曰く、サンディエゴに来たからにはメキシカンですよ、とのことで、しかもせっかくだからオールドタウンに行きましょう、とのことで、オムニホテルの前の路面電車の停留所からガタゴトと電車に揺られて向かった。どうやらこの路面電車に乗れば、簡単にメキシコ国境にまで行けるようだ。オールドタウンへは途中で方向が違う方に行かなくてはならないようで、少し大きな駅で乗り換えてオールドタウン駅へ。のどかな駅だこと。すぐ目の前に公園がある。その中に店などがあるそうな。

適当に店を選んで入った。お勧めのタコスを注文して、食べた。なかなか美味だった。いつもながら食べきれない程の量がある。が、この日は全部食べた。ウエイターのメキシコ系の方に、「お前達日本人かい?」と聞かれ、「そうだょ」と答えると、「おめでとう。次のWBCはメキシコが優勝するからな!」って。

楽しく食事をさせて頂き、帰りはタクシー。アメリカらしい大型でポンコツのタクシーで上下に揺られながら戻った。
(続く)

FC2ブログランキング


通勤電車

電車に乗っていると色々ありますね。
こないだは、ちょっとしんどかったから駅のベンチに座ろうと思って近づくと、おばちゃんが荷物を置いていた。で、「すみません...」と言ってどけてもらおうっと思ったらそのおばちゃん一言「ややこしいやっちゃなぁ...」って!? おいおい、何でやねん!荷物置いてるあんたが悪いんやろ~と思いつつ、電車が来るまで不愉快な思いでした。

今日は、朝電車に乗ると、おばちゃんが大声で携帯電話でしゃべってるわ、おっちゃんは大音量で音楽聴いてて音漏れさせてるわ、相変わらず大阪のおっちゃん・おばちゃん達は電車に乗るときに並ばへんわ・・・我々を育てた世代というか、団塊の世代という方々でしょうか、そんな世代の方々がそんなことではこの国は終わってますな。

改革では生ぬるい。革命が起こらない限り、この国は変わらないんでしょうね。

FC2ブログランキング


健康は栄養から Part3

高品質・高脂肪のペットフードの必要性 その3

イヌやネコは脂質代謝適応によって低温環境では体に熱を保つことができ、高温環境では熱疲労や脱水症状の予防になります。激しい運動を必要とするスポーツ(フィールド・トライアル、ルアーコーシング、アジリティ等)をする犬が高脂肪の食事をすれば、他の競技犬と比べて水を飲む量が少なくなり、競争力に優れます。これは、高脂肪の食事によって「代謝水」を作り出す力が増加するからだと考えられています。
代謝水とは、体内の栄養の代謝によって作られる水のことです。水の枯渇は、疲労、熱中症などの大きな原因となり、重症例では心臓発作や死にもつながります。
暑さや寒さは、どんな動物でもストレスの原因になります。そのときに、高品質の食事と適度な脂肪分を取っていなければ、体に悪影響を及ぼし最適な健康状態を望めないということになります。
米国の獣医師の報告によると
「高脂肪で適度なタンパク質の食事は、次の方法で体液を保持します。
一つ目・・・体内に不要な窒素の量を減らすことによって、尿の量を減らします。
二つ目・・・濃度の高い栄養を与えることによって、大便や尿の量を減らします。
三つ目・・・食事からとった脂肪分は代謝水を作ります。代謝水とは栄養の代謝によって作られる水です。」
ということです。

私たちは、メーカーが「これで十分」と説得してくるものではなく、本当に必要なものをイヌやネコに与えなければなりません。必要な脂肪分のレベルを保った高品質フードは、消化を改善し、毛並や皮膚の状態を良くし、健康状態を全体的に改善させます。結果としてより長く、より充実したペットライフにつながり、医療費も減ることでしょう。これは、イヌやネコにはもちろんのこと飼い主にも嬉しいことでしょう。

私の取り扱っている【Back to Basics】は、高品質の食事であり、必要な量の脂肪分を含んでいます。イヌ用の【Back to Basics】は、タンパク質レベルは23%、脂肪分レベルは19%であり、若いイヌも年老いたイヌも、元気なイヌもそうでないイヌでも、どのようなイヌにも適しています。ネコ用の【Back to Basics】は、まだ取り扱っていないのですが、タンパク質レベルは34%、脂肪分レベルは21%です。

FC2ブログランキング


4月24日(火)スーパーモーニング


4月24日(火)スーパーモーニング



多摩センターにある動物病院で、また被害が出てるんですね。とにかく飼い主さんが通わないことと、行政側からの何らかの指導があって然るべきことではないでしょうか?

先日もトラックバックさせて頂いたのですが、獣医師法・第8条にある「免許の取消し及び業務の停止」の条項4「獣医師としての品位を損ずるような行為をしたとき。」です。ただ、前後を読むと分かりますが、執行されるためには、農林水産大臣が重い腰を上げて、獣医事審議会なるもので取り消し処分を言い渡さなければならないようです。行政の動きは絶対に遅いですから、飼い主側が諦めずに、こんな獣医師を排斥できるように頑張りましょう。同じ資格を持つものとして情けないです。

もしココを初めに見られた方は、タイトルのリンクからHPへアクセスして、ブログランキング投票や署名にご協力の程を!!!

FC2ブログランキング


ドイツビール

20070424020017
久しぶりに谷九のハンブルクでドイツの地ビール、シュナイダーヴァイセを飲みました。うまかったす(^o^)/
店のメニューにあったコメントによると「ローストした大麦の麦芽のほかに小麦の麦芽を原料とし、芳香な香りと独特のスパイシーな口当たりのビールです。」とのことですが、ともかく一度飲んで頂いた方がよいかと。アルコール度数は普通に飲んでるビールの倍近くあります。

FC2ブログランキング


アメリカ出張 Part6

アメリカ時間2006年3月24日。

前日の夜一緒に食事をしたエージェントと会場前で待ち合わせて会場へ。色々な説明、トレンドを伺いながら見て回った。現在、米国のペット市場、特にペット用食品の主力商品は、サプリメントもしくはおやつ類(treat)である。今年もその傾向は変わっていない。

この日は、2社のサプリメント製造会社の担当者と面談をした。
In Clover社・・・Rebecca Roseさん(社長)とDawn Rankinさんの2名と面談。ともに女性であるが、非常に対応が「紳士的」だった。この会社のサプリメントは1度発注をかけたのだが、通関で色々言われ、現在は止めている。英語の表示している内容が薬事法に抵触するのだそうだ。それを農水省のお役人様に言われて驚いた。しかし、この会社の製品のいいところは、臨床データを持っていること。その米国での臨床結果を見る限り効果も高い商品のよう。ただ、パッケージの絵は日本向きでない。でも日本ではラベルを替えた販売をしてもいいよ、と言ってくれた。製品名も、英語圏特有の名前で、なかなか日本人には印象つけられない。それらを含めてマーケティングを仕掛けることが必要だろうと思う。
In Vet社・・・Travis Turchi氏と面談。今回のトレードショーには展示ブースとしての参加はしていないが、西海岸(CA州)のベンチャーで、製品は特許技術を実用化したミセル体の剤で、吸収率の高い製品。つまり体内によく吸収されるから効果も高い。上記In Clover社と製品の疾患ターゲットがごく近い。概ね、サプリメントのターゲットとなる疾患は限られているので仕方ないことでもある。

この2社と面談した後、エージェントと夕飯の約束をして別れた。回っていて気になった商品もいくつかあった。
Prozyme Products社の消化酵素。これは酵素を使って消化をよくし、腸内の吸収をよくするもの。臨床データを持っており好感を持てた。食糞にも効果があるとのことである。
Grizzly Pet Products社のサーモンを使ったTreats(おやつ)も面白い。
American BioSciences社のNK-9という製品は日本の医療用キノコ類、おそらくアガリクスであろう。悪くはない。
Cytozyme社は細胞の研究に端を発した会社。研究と販売を実施している。商品としては、消化器疾患を対象にしたサプリメントが得意な商品であるとのこと。面白い。販売担当者の方が日本語ペラペラで昼食がてら話をした。昔、東大で教鞭をとっておられたそうな。思わぬ所で話しに花が咲いた。
Biologic Nutritional Research社が魅力的だった。担当のFranco Cavaleri氏はScientistとのことだったので、効果のメカニズムなんかを質問していたら、これまた話が盛り上がって、本をあげるから読んでみてくれ、と言われた。分厚い本で、持って帰るだけでも大変だ。短期間で効果が現れる(3日~5日程度)ことを臨床例でも示しておりなかなかだ。特に肥満・糖尿病用のサプリメントに本人の期待が大きく、本当かどうかは定かではないが、インスリンの分泌を直接調整するらしい。他社では聞けないコメントではあった。Cavaleri氏はNutregenomicsという言葉を使ってたことが印象的。
BioVision社の白内障の目薬にも個人的に興味がそそられた。米国では非処方薬として販売できるらしい。日本の薬事法ではどうだろうか?

サプリメント類は、大きく分けて、関節用、皮膚のケア、消化器系用が主流。肥満用がその次にあって、ビタミン・抗酸化用製品が続いている。

それにしても広い。疲れたので、夕方までホテルで休憩。フロントでエージェントと待ち合わせて夕食を食べに出た。
(まだ続く)

FC2ブログランキング


電車の中で...

今月になって、電車で移動することが多くなりました。先日、そこで驚いたのですが、隣のサラリーマンと思しき方が、エントリーシートを何枚も眺めておられました。エントリーシートは公共の場で広げて見てはダメでしょ!!!
年齢的にも部長クラスの方のようにお見受けしましたが・・・そんな会社には行かない方が絶対いい。個人情報保護法なんぞなくても、個人のプライバシーは責任を持って守るべきものだと思います。

FC2ブログランキング