FC2ブログ
競馬に萌える獣医師のブログ
動物診療の傍ら、馬券検討に驀進中。ほぼ自分のための馬券検討備忘録。と、最近FXも。そしてさらにスロットにも手を出し始めた・・・

プロフィール

獣医さん

Author:獣医さん
ギャンブル獣医ですw



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



最近のコメント



月別アーカイブ



連休の中休み?

動物病院は休みの日が稼ぎ時なので、
当然ながら、GWはない。

が、
今日は、平日のためか、病院としては中休み。
午後に手術がなかったら暇な1日になるところだった。

そう言えば、朝の電車もすいてたなー。
スポンサーサイト



FC2ブログランキング


動物診療とその周辺ビジネス

動物病院を始めることは既にブログで宣言したのですが、
当面、訪問でやろうと思ってたのに、
立地条件のいいところで病院を構える話が来ました。
不思議な縁でございます。

その話は前向きに進めることになってますが、しばらく開院には時間が掛かります。
同時に、その話には、イヌを始めとして一つの動物が遊べるコミュニティを大阪市内で作ろう、というコンセプトでもあります。私はあくまで動物医療のみを担当する。その周辺のビジネス、それはカフェであったり、しつけ教室であったり、ドッグフィットネスであったり、トリミングであったり、ペットホテルであったりする訳です。これらは、病院とうまく連携を取って運営すれば、きっと相互にメリットがあると思います。入院もペットホテルを使った方が絶対に面倒見がいいですしね。簡単な薬浴なら、トリミングと一緒にやればいいのだし。

ところで、しつけ教室などは、最近非常にネット上でも話題になっているようで、
犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座
なんてのがある。

確かに、我々獣医師は「イヌの躾」については、それ程造詣は深くない。しつけが出来ていない、というのは病気ではないですからね。連携です。

FC2ブログランキング


動物病院を始めようかと・・・

いつも競馬のネタしか書いていないのですが、
私は一応、獣医師です。
なので、動物病院を始めようと思います。

関西地域で訪問診療をします。
問い合わせ大歓迎です。

真面目に、イヌがアレルギー・皮膚炎で悩んでる飼い主さんがおられれば、遠慮なくご相談下さいませ。

FC2ブログランキング


葉酸

昨日、毎日新聞に載ってた「マクド」値上げの記事。関西版やから「マクド」なんやろな。

で、毎日新聞ってスポーツ欄の左上に健康・医療記事が載ってる。昨日はがんの話で、今日は認知症の話だった。認知症って葉酸を摂れば改善につながる可能性のあることが科学誌にも掲載されて知られてきている。

葉酸の摂取が少ないとホモシステインっていう物質が多くなって、血管を傷つけてしまう。これが認知症に関連してくるということのはず。このホモシステインって物質は、とある遺伝子が関与してて、その遺伝子の個人差で葉酸を人よりようさん摂らんとあかん人とかがいてる。だから、遺伝子の変異ってやつを知っておくと予防ができる。

で、最近、犬も高齢化してて、この先間違いなくイヌの認知症が社会問題になる。犬でもホモシステインに関連する遺伝子があって、葉酸の摂取で認知症を予防できる機序は同じはず。ただ、それが検査できるようになるまでには少々時間が掛かるだろうから、まだまだ大丈夫と思える時期からマルチビタミンなんかのサプリメントを与えてあげて予防しとくんはええかも知れへん。

ちょっと大阪弁を多用してみました。

FC2ブログランキング


ブルセラ病

大阪で119匹がブルセラ病の感染が原因で殺処分された・・・悲しい現実ですね。繁殖業者の質の向上が必要です。
結局のところ、ペットブーム→ワンちゃん=かわいい→売れる→どんどん繁殖する、という儲け主義の経済社会に巻き込まれてしまった犬達がかわいそう。

多摩センターの動物病院の話も信じられないですし、このようなペットが犠牲になるニュースが最近度々あって驚くばかりです。

業界全体の質的な向上をしていきたいです。
私はドッグフードからです。

FC2ブログランキング


4月24日(火)スーパーモーニング


4月24日(火)スーパーモーニング



多摩センターにある動物病院で、また被害が出てるんですね。とにかく飼い主さんが通わないことと、行政側からの何らかの指導があって然るべきことではないでしょうか?

先日もトラックバックさせて頂いたのですが、獣医師法・第8条にある「免許の取消し及び業務の停止」の条項4「獣医師としての品位を損ずるような行為をしたとき。」です。ただ、前後を読むと分かりますが、執行されるためには、農林水産大臣が重い腰を上げて、獣医事審議会なるもので取り消し処分を言い渡さなければならないようです。行政の動きは絶対に遅いですから、飼い主側が諦めずに、こんな獣医師を排斥できるように頑張りましょう。同じ資格を持つものとして情けないです。

もしココを初めに見られた方は、タイトルのリンクからHPへアクセスして、ブログランキング投票や署名にご協力の程を!!!

FC2ブログランキング


いい獣医さんはどこに?

前々から気になってたサイトです→多摩センターにある動物病院の被害報告
獣医師法を改めて確認してみました。第8条に免許の取消し及び業務の停止の項があります。その中に、「4.獣医師としての品位を損ずるような行為をしたとき。」とありますから、これに当たるでしょうか。

よく「いい動物病院はどこですか?」とか聞かれるのですが、綺麗な病院だからとか、はやってるからとか、ではわからないです。私が懇意にさせて頂いている開業獣医師先生の中で一番腕のいい獣医さんは、ココです。大阪で一番です。仲間内でも異論ないです。先生の専門は外科です。ココで手術がうまくいかなかったら、他に手はないと言っても過言ではないでしょう。でも、今以上忙しくなったら困るからあまり宣伝しないでくれと言われてます(笑

FC2ブログランキング


検査の必要性2

製薬会社などの前臨床試験でも血液検査・尿検査の他に、心電図検査や眼検査ってのをやります。

心電図検査というのは、皆さんもやったことあると思います。ベッドに横になって安静にして・・・ってイヌをどうやって?って思うかもしれません。もちろん、イヌが素直に横になってくれる訳はなく、右側横臥と言って、体の右側を横にして両足を押さえてしばらくワンちゃんと格闘します。と言っても、それなりのスキルを持った人がやると、結構おとなしくなるもんです。そして、電極を四肢に取り付けて、約10秒程度の心電図波形を記録する訳です。
が、
私達の検査でも同じなのですが、10秒や20秒では、心臓の異常が見つかるようなことはあまりありません。だって考えても見てください。イヌの平均心拍数ってのは、120回/分程度です。1分間に120回ぐらい心臓が打つんですが、1時間なら120×60=7200拍、1日ですと、7200×24=17万2800拍程度の鼓動がある訳です。そのうちの、10秒なんてせいぜい20拍がいいところです。しかも、いくらおとなしくなっていると言っても押さえられた状態で心電図を取っているので、少なからず緊張してるため、交感神経が優位になって異常は見つかりにくいものなのです。なら、どうすればいいんだろうか? ちょっとした技術を使えば、平常状態で24時間の連続記録ができるんですね。これを試したら、異常を持ってるイヌなら、異常を引っ掛けられる可能性が高いのです。

眼検査も重要です。イヌは非常に白内障になりやすい動物です。ほとんどのイヌが経験すると言っても過言ではありません。その状態を早いうちからケアし、予防的に点眼したり、補助的な食品を食べさせたりするのは有効な対処法です。それに、眼は、体の中で、唯一、血管を直接観察できる部位です。例えば、網膜の血管にまで異常があるような糖尿病の場合は、すぐに対処しなければなりません。

FC2ブログランキング


FAXが来て・・・

今週の初めに、突然、FAXが来て、冒頭に
「助けてください」
って、びっくり。

なんだろうと思って読んでみると、飼い犬のアレルギーで困っている方からの悲痛な叫びでした。相当困っているようだったので、早速、自分達のアレルギーに対する考え方、どう対処したらいいのか、を書いて送りました。

何度かやり取りして、じっくり食生活から考えていきましょう!ということになり、フードをご購入頂きました。少しholistic remedyを試してみましょうということで、ハーブなどもお勧めしてみました。

アレルギーの犬、多いですね。薬に頼る前に、予防の意味も込めて、食生活や環境を整えてみてはどうかと思う、今日この頃です。

FC2ブログランキング


検査の必要性

検査には、予防・予測のための検査と発症後の検査が必要と考えています。私の得意なところは、心電図と病理検査です。どちらも発症後にする検査であることが多いです。一方で、血液検査、尿検査などは定期的に、病気になる前から行うことをお勧めします。その他にも、心電図検査や眼検査も普段からやっておくことはお勧めしたいです。

病理検査ってのは、例えば、腫瘍(癌です)になった動物から、その腫瘍が良性か、悪性か、悪性ならどんな種類か、などを調べたいときに、その病変部位を切り取って、それをスライドガラスに組織を薄く切って、顕微鏡検査のための標本を作って、それを顕微鏡で覗いて診断します。肉眼では見えない部分を、十分なスキルを持った診断医が精査します。血液検査や尿検査は、原則として人と同じものです。もちろん、ヒトと動物では、基準値に違いがありますけど、指標にするものは同じです。

そうやって定期健診で健康管理してあげると、病気の早期発見=軽症で済みます。物言わないペット達ですから、前にも書いたように、いざ、病気になったとき、病気は随分進行していることが多いですから、治す方も大変です。

時代が進んでも、病気が昔に比べて治せているか、というと少し疑問です。技術はどんどん進歩しますが、例えば癌を克服できているかというと、それ程ではないのが現状です。それなら予防や早期発見に心掛けることが、人でも動物達にも幸せなことだと考えてます。

FC2ブログランキング